カレンダー
<   2018-12   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
サムネイル
ナビゲーション
最新の投稿
過去の投稿
カテゴリ
全てのカテゴリー
健康
工事の進捗
総合
検索
ログイン



848631 IP check in 30 min Since 2010-12-08
01
04

2018年1月4日: M邸竣工

Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
閑静な住宅地に、やわらかな日差しを感じながらゆったりと寛げる空間を重視したM邸が竣工いたしました。
 
01
04
Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
謹んで新春のお慶びを申し上げます。
本年も、建築家を志した原点を忘れることなく「建築はどうあるべきか」という普遍のテーマに真摯に取り組んで参る所存です。どうかよろしくお願い申し上げます。
 
01
09
Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
謹んで新春のお慶びを申し上げます。新しい1年が始まりました。
本年も感謝の気持ちを大切に、日々一歩ずつ精進して参りたいと思っております。どうかよろしくお願い申し上げます。左の写真の建物は、昨年神戸フラワーロードに竣工したG本社ビルです。くわしくはこちらです。
 
07
28

2016年7月28日: ハイビスカス

Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
20160728-ハイビスカス.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
目覚まし時計の代わりに、セミの大合唱で目覚めた夏、真っ盛りの朝に、もうひとつ、大きな夏が咲きました!
バルコニーのハイビスカスです。自然の美しさに感動!
 
02
23
Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
20160223-H邸和室.jpg
20160223-H邸テラス.jpg
前回のブログで三世代が一緒に住む家のリフォームについてご紹介しましたが、今日は、リフォームをする上で、気をつけなければいけないことについて、お話ししたいと思います。まず、大切なのは、強度の問題です。安全な建物を保つためには、既存の建物の状態を把握(調査)し、その上で、強度を確保したリフォームをしなければなりません。次は、予算の面です。目的や希望を整理し、優先順位を決めるなどして、予算を組んでいくことが大切です。そして、増築等の場合は、法的なチェックも必要です。また、機能面(使い勝手、用途など)や性能面(断熱、防火など)を考えていくことも大切です。当社では、それらを専門家の立場から総合的に判断し、実現に向けて丁寧に進めていくようにしています。写真は、以前子供室(洋間)に使用していた部屋を、お子様の独立を機に和室としてリフォームしたいというご依頼でした。その際、2階に位置しているので、眺望もより楽しむためにテラスを設けてほしいとのことでした。さらに、築数十年を経て、断熱性能が低い状態を改善してほしいとのご依頼でしたので、断熱材を入れ替える等の措置を行いました。結果として、ご要望のリフォームを実現することができました。
 
02
21

2016年2月21日: 三世代が一緒に住む家

Category: 総合
Posted by: master
- Leave comment [ 0 ]
20160221-a_reform.jpg
先日、TV番組でも取り上げられていましたが、国の住宅に関する28年度の新制度として、三世代が一緒に住むための家を建てたり、リフォームに対して、補助金が出るようになるということです。この機会に、住まい方を検討される方もおられると思いますので、今日は、以前手がけました三世代のためのリフォームの実例をご紹介しようと思います。参考にしていただければ幸いです。ご依頼は、親御様が住まわれている既存の家の2階を、子世代家族のためにリフォームし、二世帯住宅を実現したいということでした。ご希望として、玄関も2階に新しくつくりたいということでしたので、外階段をつくり、2階に玄関を設け、さらにキッチン、トイレを新設し、浴室は移設改修しました。結果的に、既存の家は、2世帯住宅として生まれ変わりました。時がたてば、家族構成も状況も変化します。それに伴い、家もまた、より良い変化をしていくことは、とても有意義なことだと思います。
ちなみに、国交省のホームページによりますと、新制度のリフォーム(三世代同居改修工事)の場合は、一つの家に、キッチン、浴室、トイレ、玄関のうち2種類以上が複数となることが条件ということです。
今日ご紹介した実例写真は、こちらです。